まるの韓国ドラマ備忘録

自分が観た韓ドラだけのあらすじ・ネタバレ・感想・OSTなどをツラツラと…♡あぁ、韓ドラ愛が止まらない…♡

愛はビューティフル、人生はワンダフル

◎愛はビューティフル、人生はワンダフル◎

・2019年
・全100話
・DVDあり、OSTBlu-rayは後日発売予定…?

 

*キャスト

キムチョンア(ソルイナ)
キムソラ(チョユニ)
クジュンフィ(キムジェヨン)
クジュンギョム(チンホウン)
ムンテラン(ユンパク)
トジヌ(オミンソク)
ソヌヨンエ(キムミスク)
キムヨンウン(パクヨンギュ)
キムヨナ(チョユジョン・クォンウンビン)
ホンユラ(ナヨンヒ)
ホンファヨン(パクヘミ)
ムンジュニク(チョンウォンジュン)
カンシウォル(イテソン)
ムンヘラン・カンボルム(チョウリ)
ムンパラン(リュウィヒョン)
ペクリム(キムジニョプ)
ナテピョン(パクヨンス)
オドクヒ(キムポジョン)
キムポドン(キムウンス)
イ巡査長(キムビョンチョル)
キム神父(キムジンソ)
キム運転手(チェナモク)
ペヒョンジ(オジョンヨン)
チョヨンラン(チョヨンスン)
ソルジョンファン(ソルジョンファン)
キムダソム(ダソム*SISTAR)
ヨナの子供時代(オクウイェリン)

 

*あらすじ&ネタバレ

学校のいじめが原因で自殺をしようと決めたキムチョンアは、電車の中で軍隊姿のクジュンフィと出会う。
その後、一緒に死ぬことを決めたクジュンギョムと合流する。
だがジュンギョムだけが死んでしまうという想定外な展開に、チョンアの人生に衝撃が走る…。
果たしてそれぞれの人生はどうなってしまうのか!?
それぞれの人生の危機的状況から、自分の人生の小さな幸せを見つけ出すための道のりが描かれている、ヒューマン要素が含まれているホームドラマ的韓国ドラマです。

 

*感想&見どころ

愛はビューティフル、人生はワンダフルは全100話!ちなみに、自分は放送されていた全65話バージョン(多分くっつけられたもの)を完走しました。
キムヨナ役は、クォンウンビンからチョユジョンに途中から変更になったみたいですね。
だからオープニングであれ?っていう感じになったのか…なるほど。

 

 

 

そんな愛はビューティフル、人生はワンダフルは、キムチョンアの苦悩から始まります。
学校のいじめが原因で、家では明るく振舞っていたチョンアでしたが、ついに自殺を決意していたため、同じく自殺をする目的で会うことになったクジュンギョムと合流するために目的地へ。
その際に、軍隊姿のクジュンフィに出会い、その後ジュンギョムと合流。

 

 

 

…だが、ジュンギョムだけが死んでしまうという状況に直面し、チョンアの人生はまたもやどん底へ。
そこでチョンアの母親のソヌヨンエが娘を助けなきゃという親心の一心であれこれ一応手を差し伸べて助けるわけですが、んーーーこの母親ちょっとね(何)。
個人的に、後から警察署でのジュンギョムの母親のホンユラとのトラブルや、このジュンギョムの件、チョンアが必死になって何とか本当のことを話そうとしていたのに、このヨンエがそれを反対。
で、警察はもちろんのことユラにも嘘をついて隠しちゃうという、そんな小細工をしちゃうから、結局チョンアが苦しむことになって、後々にも引きずってしまっていたので?と思うと、なんかねぇ…。

 

 

 

この部分があってからと、後からの態度というか行動からも、なんかとにかく最後までこのヨンエという母親への苦手意識は全く消えずに完走してしまいました。
なんかね、そうなの、ヨンエ、無理でした、すみません。。

 

 

 

そんなこんなで、深い傷を背負ったまま時は経ち、チョンアは警察官を目指すために何度も何度も公務員浪人して奮闘。
で、やっとなんだかんだ願いがかなって警察官に後々なれるんだけど、本当にチョンアよかったね!と。

 

 

 

ただ、チョンアの人生の試練(!)はそれだけではなくて、警察官になった後もやっぱりジュンギョムの事件のことが人生に影響を及ぼしたりして、んまーもう大変。
最初は全く振り向かなかったクジュンフィが、実は電車で出会った軍隊男だということにも気づかずに、恋愛♡モードに入っていくんだけど、そこもまたなんか闘犬らしかぬジュンフィのクールさときたら…。
でもそこで次第にやっぱりチョンアに振り向いちゃうんですよね~♡
このドラマの中でとにかくジュンフィ!!!彼だけがもう癒しだし、本当推しでしたよ、こんなごだごだだらけの辛い状況だらけの内容でしたし(苦笑)
ジュンフィがかっこよすぎて、本当にそこすごいよかったです♡

 

 

 

こうやってチョンアのことばっかり綴っていると、チョンアの人生だけが描かれている韓ドラのような感じになってしまいますが、決してそうではありません。
正直チョンアと同じくらい(いやそれ以上?)に、人生がんじがらめになっていたのが、チョンアの姉のキムソラ。
ソラはアナウンサーで、財閥としか結婚したくない!!!!でも実家は財閥じゃないから財閥にとつげない!!!なんていう状況からの、まさかの財閥出身のトジヌに一目ぼれされて、ゴールイン♪
いや~この展開、本当人生勝ち組でしょ、なんて勢いなわけですが、ソラはジヌのことが好きというわけではなく、財閥という部分が好きで結婚したわけなので、たくさんお金を使って、ジヌにはちょいと冷たい…?

 

 

 

まあこの状況は確かにジヌの母親のホンファヨンは、嬉しくは思わないのはわかるけれども、でも…ファヨンの強烈すぎるの癇癪激しい性格もどうなんだろう??(笑)
本当あれはひどかった…というか、こんなにひどすぎたらさすがにソラはもちろんのこと、周りの人も当然嫌になっちゃうよね(笑)

 

 

 

そんなソラだけど、まさかのジヌの出張での交通事故がきっかけで不倫が発覚…!相手は秘書のムンヘラン。
どちらも昏睡状態で同じ病室に一緒に寝てて看病、きつすぎるわーーー…。
で、それみろといわんばかりに姑のファヨンの嫁いびりのひどさ…。

 

 

 

そんな時に、じわじわとムンシェフことムンテランというヘランの兄が、ソラと少しずつ距離を縮めていくわけですよ。
でね、テランがいい人すぎるんだけど個人的にテラン役の人、気象庁の人々のあの酷い男の印象が強くて(苦笑)先に気象庁の人々を完走してしまっていたので、ちょっと複雑でした。
…と話を戻しまして、個人的にはこんな感じだから、ジヌ捨ててテランとソラが幸せになるコースなストーリーなのかと思っていたら、違いましたね(笑)

 

 

 

で、昏睡状態からジヌは目覚め、まさかの離婚でソラもめちゃくちゃ傷つき、どちらも憎みあい~~~からの、なんかジヌはやっぱりソラが忘れられない!
という感じで、今度はソラを追い掛け回す…って、なんか本当ジヌって不倫しときながら自分勝手だな~と思いつつ、最後まで観てました。
えーそんなにソラ好きなら不倫するなよ、という感じで。
で、だんだんこのしつこさが財閥ならではの金の使い方(!)もあって、ソラの家族の一部の心をつかんじゃったりさ~~んもう、ある意味めちゃくちゃ!

 

 

 

こんな感じでストーリーが展開されていくのですが、このチョンアの彼氏となった(けど別れたり、でもやっぱりチョンアが好きって今度は追いかけるようになった)ジュンフィとジヌは従兄弟!
おまけにジュンフィはジュンギョムの兄…ということで、最高裁判所判事のユラは母親!
そして後々出てきたチョンアをいじめていたのがまさかのヘランで、ヘランの父親のムンジュニクはチョンアの汝矣島交番の隊長ことムンジュニクの血のつながりのない娘だった!
…なんていう感じで、じわじわとなんだかんだすごい勢いで実はみんなつながってるんだよーーー!という展開に。
なんだかんだ、みんなご縁が深いんですよね~。

 

 

 

あ、そうそうご縁といえば、あのカンシウォルの件も、ジュンギョムとつながっていたし、なんだかんだまさかのヘランの兄だった…!という展開になって、めちゃくちゃトラブルになってましたね。

 

 

 

ラストこと最終話では、このあちこちで色々なことが起こっているゴタゴタも、よくあんなに責め合ったりして大変な状況だったのに無事解決してまとまったな、という状況でまとまっています。
でも先ほどもちょろっと触れたけど、あんなにジヌを嫌がってたソラは、まさかの復縁。
え?財閥やっぱり好きだったの?なんていう考えも頭をよぎりますが(こら)、こういう出来事がなければ、ソラはただ強がってばかりで、ジヌを実は自分も本当は愛していたということに気づけなかったし、
これに気づくために起こった出来事で、無事気づけてよかったね★
…なんて考えれば、とても遠回りをして大変な思いをしたけれど、無事幸せをつかんでよかったねという結末だったといえるのかも?
んーーーでもやっぱりそれでも、ジヌ、不倫はだめだろう…。
というか、あれだけソラに嫌がられても復縁せまるプラス思考極まりないファイト力…ジヌすごいよなって改めて思ってしまった…。
いやーでも普通は不倫される時点で、嫌だよね!!!!
一方、なんだかんだテランは韓ドラあるある三番手君として、可哀想だったかな~。
ある意味恐ろしすぎるほどのジヌのファイト力!?

 

 

 

いや~でも、恐ろしいといえば、ヨンエの娘に対する最初の誤った守り方(?)はもちろんだけど、ジュンギョムを守るためにこれまた誤った守り方をしてしまったユラ…。
こちらの件も、無事(なのか?)解決できて、シウォルも無事無罪を証明できてよかったですね。

 

 

 

みんなそれぞれ小さな人生の幸せ(小さくない大きい幸せもたくさんありますが)を見つけることができたラストでよかったです◎
…にしてもやっぱりこのドラマはジュンフィ!!本当にかっこよかった~♡

 

 

 

そんな愛はビューティフル、人生はワンダフルのOSTも、それぞれのシーンをたっぷりと盛り上げてくれていました♪
Hello Gayoungの123 愛は、やっぱり自分のこのドラマの中での1番推し(!)のジュンフィとチョンアの恋愛シーンの印象が強くて本当にほっこりします♡
ソヒャンの道、Scoustic Collaboのどうしたらいいの、これらの楽曲はそれぞれが悩んだりしているシーンにたくさん流れていて、これまた印象に残っています。
キム・ビョングァン&チャン of A.C.Eの始まり、D:amantのRemember me、ナクングォンの僕がしてあげることができること、ユンヨギュのひどい愛、ドヒョンのだから僕たちは、ホンジニョンのあなたが来る日、ジヌォンの一歩また一歩、ファン&ソ・ソクジンの君に聞きたい、キムヤンの愛はいつも逃げていく、
どの楽曲も、様々なシーンを思い出させてくれます◎
また歌詞のない楽曲ことBGM的楽曲もそれぞれのシーンを盛り上げてくれていました♪

 

 

 

愛はビューティフル、人生はワンダフルは、やっぱり自分の中ではキムジェヨンがめちゃくちゃかっこよかったです♡
そしてユンパクについても、ちょろっと触れましたがやっぱり気象庁の人々を先に完走していたので、そちらのダメ男の印象が強くて…(笑)
今回真逆なしっかりした誠意のあるさわやかな役柄になかなかついていけませんでした(あくまで個人的な感想です!)

特別出演ことカメオ出演では、ユジェソク、チョンヒョンム、オジョンヨン、キムダソム、ソルジョンファンがそうだったようです◎

愛はビューティフル、人生はワンダフルは、本当にそれぞれ色々なことが繰り広げられるので、あちこちで目が離せませんでした。
そんな中、やっぱりクジュンフィのかっこよさには本当に癒されたホームドラマ韓ドラでした!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キム・マンドク~美しき伝説の商人~

◎キム・マンドク~美しき伝説の商人~◎

・2010年
・全30話
OST、DVDあり

 

*キャスト

ホン・キムマンドク(イミヨン)
チョンホンス(ハンジェソク)
オマクスン・オムンソン(パクソルミ)
カンユジ(ハソクジン)
お師匠様・キム尚宮(コドゥシム)
トンア(キムチョルギ)
カンゲマン(キムガプス)
オ番頭(キムギュチョル)
チョンドウン(キムビョンギ)
キムウンニョル(チェジェソン)
チェジェゴン(メンホリム)
ペクソレ(チョンイェソ)
ミョヒャン(キムソンギョン)
キムソジュ(チョンスヨン
ムドンジュ(イダリョン)
コソクチュ(ソンヨンテ)
キムパンスル(イビョンウク)
トクパル(チョジェワン)
イウン(オヨンソ)
ムメンダル(チョンジョンジュン)
チェナムグ(キムミョングク)
ヨファ(シムウンジン)
チョクセ(チョヤンジャ)
ヨンチョン(パクスンチョン)
ケドル(キムグァンギュ)
チャン船頭(キムギョンリョン)
カン別堤(ユヒョングァン)
タケダシン(ソンソングン)
サン(チェスハン)
チョンジョ(チョソンハ)
イウノン(チュソヨン)
モクポ(ソジェウク)
コンニム(ユヨンミ)
テグ(チェウォノン)
ミョンヒ(イジュヨン)
ナルボク(カンミンソク)
テボン(キムドンヨン)
マンドクの子供時代(シムウンギョン)
ホンスの子供時代(トジハン)
ムンソンの子供時代(チュダヨン)
ユジの子供時代(ユテウン*SNUPER)
トンアの子供時代(クァクチョンウク)

 

*あらすじ&ネタバレ

お師匠様の元、他の子供たちと一緒に養成所で暮らしていたホン。
与えられた仕事だけでは満足することができず、自分で市場で物を売るなどし、お師匠様に叱られる。
そんな日々を過ごしていたある日、養成所がピンチ出ることを知り…?
果たしてホンたちの運命はどうなってしまうのか!?
ホンことキムマンドクという実在する人物をモチーフに描かれた、商売サクセス要素が含まれている時代劇的韓国ドラマです。

 

*感想あれこれ&見どころ

キム・マンドク~美しき伝説の商人~は、前に完走していたのですが、すっかり綴るのが遅くなってしまいました。。
原題は巨商金萬徳…って原題にするとなんか小難しい時代劇って感じなイメージになってしまいますね…??

 

 

 

そんなこの史劇韓ドラ、実は歴史上本当に実在する人物をモチーフにして描かれているのだそうです◎
こんなすごい商売人が歴史上実在するなんて、すごいですよね…!

 

 

 

キム・マンドク~美しき伝説の商人~は、親を知らず、養成所で暮らしていたホンが、年齢を重ねるにつれて苦労しながらも商売人としての人生を成功させていく姿が描かれています。
ホンことキムマンドクが商売人として目指す際には、必ずいじわるな人(!)が現れるし、幼馴染なオムンソンことオマクスンもライバルに!
…ってマクスンが勝手に最初にマンドクをライバル視して、そこから色々トラブル起こして邪魔をして、結果的にマンドクがライバル視せざるを得ない状況になった気がするんですけどね~。

 

 

 

そんな感じで、いろいろ苦労しながら美しいマンドクは、商売人として、女性ながらもたくましさを見せながらしっかりと着実に、地に足をつけて商売を展開させ成功させていきます。
商売に対し問題が起きながらも、しっかりと成功へとどうにか進んでいくマンドクの商売人としての姿勢はすごく素晴らしいものがありますよね♪

 

 

 

ここまでマンドクが商売人として成功させられたのは、もちろん商売人としての才能があったのはもちろんですが、それだけではなくマンドクの人としての才能というか、人望も強かったんだと思います。

 

 

 

ただ、こうやって商売一直線!!!!西門がああぁぁ!!!東門があぁぁぁ!!!
…という感じでマンドクは突っ走っていたわけではなく、しっかりと恋愛要素♡も盛り込まれていました。
個人的にはずっとマンドクの横にいてマンドクを守ってあげていたトンアが、マンドクのこと好きだから実る♡…なんて展開を予想していたんですけど、違いました(笑)
しっかりチョンホンスと結ばれて、最初は身分的にちょっと悪いけれど不釣り合い…!?なんて状況だったものの、マンドクがしっかり大行首(テヘンス)になってからは、全然そういうの感じなくなって。
で、しっかりトンアもこの関係認めて(?)マンドクをずっと支えてるから、本当にトンアの尊さも光ってました…!

 

 

 

…でもこの恋愛はハッピーエンドで終わるのではなくて、衝撃的だったのがやっぱりホンスの死。
ホンス本人も可哀想だけれども、何よりもマンドクが本当に可哀想だった…。
マクスンの叔父ことオ番頭、えらいことしましたよねー…ホンスの父のチョンドウンもこれにはまじで父親顔で悲しんでいて、本当に可哀想でした。。

 

 

 

ちょっと時系列ずれちゃうのですが、マンドクはこの前にもお師匠様ことキム尚宮も殺されてしまって失っているんですよね。
このお師匠様が殺されて(意外と早く殺されてしまった…)、いなくなってしまっていたし、本当にマンドクは気の毒すぎました。
個人的にこのお師匠様が殺されてしまったという展開も、意外な展開で衝撃を受けたんですけどね。

 

 

 

このつらい状況を乗り越えての、マンドクの商売人としてのたくましさは、ますます募るばかりで、人望もどんどん厚くなっていきます。
そう、まさにこのマンドクの商売方法が、本当に「人のために」を考えて儲けるという考え方なので、ここがすごいんですよね。
ライバルのマクスンのように、「自分たちが利益あればよし!」というような真逆な感じ…しいて言えば北風と太陽みたいな。
この対立だもの、どちらに軍配が上がるかっていうと、大体容易に想像がついてしまうものなのですが、それでもやっぱりマンドクの素晴らしさには脱帽せざるを得ないんですよね。
言い方がよくないのですが、貧乏人たちにもしっかり仕事を与えて稼いでもらい、利益を分け与える、このマンドクの大行首としての力量がすごい◎

 

 

 

あ、そうそう恋愛といえば、忘れていけないのがカンユジ!!
彼もまた切ない韓ドラあるある3番手存在として奮闘(!)していましたが、そんな彼のこともピンチな時はしっかりとマンドクは助けるし、おまけにユジはユジでつんとしながらも、なんだかんだ恩返ししたり…。
なんだかんだ最初のほうは最悪な人間関係という感じでしたが、いい感じの距離感での2人の関係はなんだかんだとてもよかった気がします。
ああ、そういえば関係といえば、なんだかんだホンスの父親のドウンとの関係までもが良好気味になるマンドク、すごいですよね~。

 

 

 

こんな感じでストーリーが展開されていき、次第に商売競争も過熱!!!
という感じで、いろいろな問題を乗り越えながらも、日々頑張って生きていく姿が描かれています。

 

 

 

ラストこと最終話では、ここでもまた衝撃だったのが、ついにどうしようもなくある意味商売に対しても負けを認めたマクスンが、まさかのマンドクに自分の子供のサンを預けていなくなってしまうこと。
えーー、自分の夫のカンゲマンを自分の欲を満たすために殺したマクスンは、結局この商売もダメにしてしまい、自分の唯一の息子のサンまで手放してしまうとは…。
この展開も結構衝撃でびっくりしました、でもってなんだかなー…という感じの複雑さ。
でもサンをマンドクに任せたほうがいいという判断は間違いではなかったのかもしれませんね。
現にマンドクの商売の仕方に対して対して小さいころから好感を見せていた感じがあったサンは、マンドクの元でマンドクのように素直にすくすくと育っているようでしたし、現にマンドクもサンをしっかりと可愛がって育てている感じでしたし。
ん~~~でも、自分の息子を…うう~~~ん、なんてちょっと考えちゃうような展開だったかな。

 

 

 

結果的にマンドクも色々辛い別れがありすぎ&出来事を乗り越えて、幸せな女性商人としての人生を送っているラスト、という感じで最後はハッピーエンド★な結末でよかったです。
…が、やっぱりマンドク幸せになってよかったけど、でも辛い思い&苦労しすぎだよ~~~~とちょっぴり(いやかなり?)思ってしまった結末でした。

 

 

 

そんなキム・マンドク~美しき伝説の商人~のOSTもそれぞれのシーンをばっちり★盛り上げてくれていました。
Jaurimの船歌、TheOneの動物、イスヨンの時間よどうか…ゆっくり過ぎて、キムギョンロク(V.O.S)の永遠の約束、Khylinの波の香り、イヘソンの二度と、イスンウンの君だから、
また歌詞のない楽曲ことBGM的楽曲もそれぞれのシーンをしっかりと盛り上げてくれていました♪

キム・マンドク~美しき伝説の商人~は、イミヨンを中心に、ベテラン俳優陣たちが出演していました。
イウンとして、オヨンソが出ていましたねー!!!今や主役級なオヨンソが、このような形で出演しているのはとても貴重なのではないでしょうか◎
あと個人的にはコドゥシムがやっぱりすごく印象的でした。

特別出演ことカメオ出演は、多分ないのかな??

キム・マンドク~美しき伝説の商人~は、実在するキムマンドクをモチーフに描かれていたサクセスストーリーな時代劇的韓ドラでした♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝鮮精神科医ユ・セプン シーズン2

◎朝鮮精神科医ユ・セプン シーズン2◎

・2023年
・全10話
OST、原作小説あり、DVD、Blu-rayは後日発売予定…?

 

*キャスト

ユセプン・ユセヨプ(キムミンジェ)
ソウヌ(キムヒャンギ)
ケジハン(キムサンギョン)
マンボク(アンチャンファン)
イップン(キムスアン)
チャングン(ハンチャンミン
ハルマン(チョングクヒャン)
ナムヘ(ヨンボラ)
チョシヌ(チョンウォンチャン)
王(オギョンジュ)
イソイ(ウダビ)
チョン尚宮(チャンソン)
チルソン(ナムヒョヌ)
アンハスク(ペクソンチョル)
チョテハク(ユソンジュ)
ソヒョンリョン(キムハクソン)
ドッキ(イミンジ)
ペクグァンヒョン(ウドファン)

 

*あらすじ&ネタバレ

内医院の首席鍼医ユセヨプことユセプン。彼は父も吏曹判書であり、超天才ということから出世の道をまっしぐら!
…だったものの、ある日病にかかった王を施術時に他界させてしまう。
おまけに陰謀を疑われ、父親も殺されてしまったセヨプはそのまま王宮を去ることに…。
ひょんなことから、セヨプは県令の娘のソウヌと出会い、医師のケジハンと出会い、ジハンの病院ケス医院で働くことに。
王の一件で鍼が打てないセヨプは、再び医師としての道を歩み始めるのだった。
挫折したセヨプの成長や恋愛などが描かれている待望のシーズン2!医療要素が含まれている時代劇的ヒューマン韓国ドラマです。

 

*感想あれこれ&見どころ

朝鮮精神科医ユ・セプン(原題:朝鮮精神科医ユ・セプン)のシーズン2!!!!
WOWOWではシーズン1とシーズン2がくっついて放送されていて、ついに先日完走いたしました~~~★


※朝鮮精神科医ユ・セプンシーズン1についてはこちらに綴ってありますので、もしよろしければどうぞ♪

www.kandoranomaru.com

 

 

 

 

そんな朝鮮精神科医ユ・セプンシーズン2!!全10話とちょっと少なめ!?な感じがしましたが、話数関係なしにしっかり楽しむことができました◎
シーズン1でのごたごた問題も無事解決…かと思いきや、やっぱり何かしらトラブルがあるケス医院。
それでもしっかりそのトラブルを乗り越えつつ、患者の症状と向き合う日々…。
いや~本当、患者の心までしっかり治してしまう、本当に素敵なケス医院★
…なんだけど、今回は進展してほしいユセプンことセヨプとソウヌの恋♡!
2人ともしっかり恋慕恋慕~~って感じなんだけど、それでもなんか思ったより進まないじゃない、なんて思いつつも、それでもS1よりはキュン♡は増したかな。
いやいやいやいや、真面目に(?)しっかり精神科医としてお医者様として日常頑張ってるんだからいいじゃない…!って感じなんだけど、でももうちょい進展早くしてーーなんて思ったり…?
でも2人のペースでいい感じに進んでいきま…と思ったら、まさかのすれ違い発生というか、ある意味試練がね。

 

 

 

でもしっかり2人の試練を乗り越えての、2人のあのタイミングの良い絶妙な雰囲気での音楽のタメとかの流れ方の感動のキスシーン
(文字にすると感動薄れますかね(笑))は、本当によかったです♡
音楽の流れのタイミングの良さも絶妙★でした!個人的には◎

 

 

 

こんな感じで2人のあれこれプラス忘れてはいけないのがチョンガンイルの存在。
内医院の医官だった彼も、ちょっとした三角関係!?なんて感じで出てたんだけどそんな彼がまさかの内医院からケス医院へ…!
でも彼は彼で、しっかりとある意味セヨプに対し劣等感というかトラウマ抱えててねぇ、そんな彼でもやっぱり実力はちゃんとあって。
そんな彼を救ったのが、なんだかんだケジハンなんだもんなー。
ジハン、なんだかんだすごすぎ…ってまたS1みたいにジハンべた褒めモードに入っちゃうじゃない(笑)

 

 

 

S2では、ケス医院の一員のナムへの過去も描かれていたんだけど、まさかナムヘもジハンに救われていたなんてね…!
本当にどんだけジハンは優しいの!もう本当にすばらしすぎじゃないですか!!!!
…とまあ、ジハンのべた褒めモードはここまでで置いといて、次いきますね~。</p

 

 

 

ケス医院のみんなって、とにかく本当に優しい❤
だけど、優しいのはケス医院のみんなだけではないんです。
上司のパワハラのせいで部下である自分が苦労をする…これ、現代社会の問題として耳にするわけですが、朝鮮時代もそうで、被害にあっていたチルソン。
チルソンの頑張りはもちろんですが、何よりもチルソンがセヨプに打ち明けて号泣していたシーンは、すごく印象に残りました。
ケス医院のみんなだけではなく、こうやって優しい人々が周りにたくさんいるんですよね。

 

 

 

そうそう、そして忘れてはいけないのが、まさかのマンボクの過去(笑)
マンボクの強さにはびっくり…!(笑)普段から力が強い、なんて感じだったマンボクだけど、まさかこんな過去を隠し持っていたとは…!
そんなマンボクの過去のおかげで、イップンは助けられましたよね。
イップン、本当によかったね♪

 

 

 

セヨプが改めてすごいなと思ったのは、イソイの病気を見抜いたこと。
全然ぱっと見、ただのわがままとか怒りっぽさとか、ある意味ソイの普通な(?)性格だと思っていたからね、個人的は。
まさかそれが病気だったとは…で、しっかりそれも治してソイも生きやすくなったのは、本当にすごいですし、ソイよかったですよね♪
ここでもまさか、ジハンの内医院時代での命を助けてあげたという人の好さがしっかり出るとは思わなかったけれど(笑)

こんな感じでストーリーが展開されていくわけですが、やっぱりここで思うのが、ん?セヨプはこのまま鍼治療はできないまま終わってしまう?ですよね。
本当に最後の最後まで、鍼治療ができない状況が続いていて、このまま有能すぎな存在だけれども、鍼治療はせずに医師としての道を歩むのかなって。
でもこれはこれで、セヨプはしっかり患者を治療できているし、ウヌやジハンがカバーしているしいいのかもしれない…?なんて思っていた矢先。
事件が起こりましたよね~~!!!で、その事件でウヌが襲われて意識のない状態で倒れていてピンチに…。
そんなウヌを救うためについにセヨプは鍼を頑張ってぶっ刺すわけですよ、ぶしゅっとね。
で、ウヌ生還…!!!で、セヨプもトラウマ克服!!!という展開に。

 

 

 

(正直この時、本当にこれであと1話で話が終わるというのに本当にうまくまとまるの!?なんてちょっと気になってました…(笑))

 

 

 

ああ~本当によかった、よかったよ★ってこれだけではないんですよね。
しっかりこの後はセプンがウヌの次のステージを用意してくれて、ウヌも医師としてステップアップ。
セヨプもセヨプで復活…!
2人は宮廷でバリバリ(?)働く感じになって、そこからはあれよあれよとウヌは、王妃と王(子)を助けたという感じで、婚姻前に身分を戻してあげるわ、なんてな感じで、無事寡婦から身分も脱却!!!
王は「ふふ、セプンこれを予想してたな?」みたいな感じでニヤッとするけれど、でも本当にこれを成し遂げちゃうウヌというか、予想(もし本当にセヨプがしていたなら)していたセヨプすごい!
…ということで、本当に自分たちの力でハッピーエンド♡を掴み取った結末になりました♪
ある意味、努力は裏切らない…これを教えてくれた感じがしました。

 

 

 

ラストこと最終話でこれだけハッピーな展開になったのなら、もう何も怖いものはないよね!!って感じだったのですが…。
最後の最後で、まさかの自分の死期に気づいたかのように、コツコツと死ぬまでのあれこれを準備していたかのような展開で、ハルマンが他界。
みんなが集まっている中での、みんなで楽しいひと時を過ごしている中でのある意味静かな他界で、それに気づいていた淡々とお酒を飲むジハンやセプン…。
このシーンが実は結構泣けました。

 

 

 

時は経ち、相変わらずのケス医院でそれぞれがしっかりと医院で働いていて(まさかのマンボクもなんか道場??的なのやってて(笑))、みんなが大活躍★
ラストのラストも本当にいい結末でした!
…って、ここで終わりじゃないんですよね!そう!なんと最後の最後で、めちゃくちゃ嬉しいサプライズが♪
まさかの朝鮮弁護士のペクグァンヒョンがユセプンと…!!!!
急に食事処で人が倒れて処置したいけれども、手が震えて鍼が打てない…あ、あれ?これどこかで?ユセプン!?なんて感じの展開からの医師諦めて弁護士に…なんてユセプンとの会話。
この朝鮮弁護士の宣伝兼ねた嬉しいカメオの嬉しいサプライズ♡最高でした!
しかもしっかり、WOWOWではユセプンの次に朝鮮弁護士スタートだし(笑)さすが、抜かりありませんね◎(※2024年2月29日現在)
朝鮮弁護士もとても楽しみになりましたし、本当に良いラストでした!

 

 

 

そんな挑戦精神科医ユ・セプンシーズン2のOSTもとてもドラマティックな楽曲でよかったです♪
パクジウォン*fromis9の私のそばを離れないで、TheAdeの私たち、また会わなければならない、チェナクタの心の傷、
ぺクイェスルのその一言はやっぱりあのキスシーンの印象が…♡
また歌詞のない楽曲ことBGM的楽曲もそれぞれのシーンを盛り上げていました♪

 

 

 

朝鮮精神科医ユ・セプンS2は、S1と変わらずキムミンジェ主演~!本当かっこよすぎました♡
もちろんほかのケス医院のメンバーも同じで、S1同様とても楽しむことができました♪

撮影チームが交通事故に遭ってしまったという悲しいニュースもありましたが、そんな状況でもしっかりと撮影を乗り越えてくださった皆様には脱帽しかありません。


特別出演ことカメオ出演では、ウドファンが出演していました!
しかも何といっても朝鮮弁護士でのペクグァンヒョンという役柄で、番宣?みたいな感じで出演していたのもまたよかったです◎
朝鮮弁護士も視聴するのが楽しみです♪(※WOWOWではユセプンの後に朝鮮弁護士がスタートします…!2024年2月29日現在)

朝鮮精神科医ユ・セプンは、S2もS1同様とても楽しむことができました♡
最後の最後で嬉しい カメオサプライズもあり、朝鮮弁護士も楽しめそうです♪
でもこの調子で朝鮮精神科医ユ・セプンS3やるよ!という感じで、シーズン3もユセプンやってくれないかな~?なんて思ってるんですが…どうなんだろう。
朝鮮精神科医ユ・セプンシーズン3もあったらいいな★と個人的には思っているほど大好きな韓ドラです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝鮮精神科医ユ・セプン シーズン1

◎朝鮮精神科医ユ・セプン◎

・2022年
・全12話
OST、原作小説あり、DVD、Blu-rayは後日発売予定…?

 

*キャスト

ユセプン・ユセヨプ(キムミンジェ)
ソウヌ(キムヒャンギ)
ケジハン(キムサンギョン)
マンボク(アンチャンファン)
イップン(キムスアン)
チャングン(ハンチャンミン
ハルマン(チョングクヒャン)
ナムヘ(ヨンボラ)
チョシヌ(チョンウォンチャン)
チョテハク(ユソンジュ)
シングィス(イソファン)
王(オギョンジュ)
イムスンマン(キムヒョンムク)
ソヒョンリョン(キムハクソン)
チルソン(ナムヒョヌ)
ヨンヒ(カンジウ)
ヒョヨン(チャンヒリョン)
イギルス(ペクソックァン)
ユフミョン(チャンヒョンソン)
キムユンギョム(イサンイ)
先代王(アンネサン)

 

*あらすじ&ネタバレ

内医院の首席鍼医ユセヨプことユセプン。彼は父も吏曹判書であり、超天才ということから出世の道をまっしぐら!
…だったものの、ある日病にかかった王を施術時に他界させてしまう。
おまけに陰謀を疑われ、父親も殺されてしまったセヨプはそのまま王宮を去ることに…。
ひょんなことから、セヨプは県令の娘のソウヌと出会い、医師のケジハンと出会い、ジハンの病院ケス医院で働くことに。
王の一件で鍼が打てないセヨプは、再び医師としての道を歩み始めるのだった。
果たしてセヨプはどうなっていくのか!?挫折したセヨプの成長や恋愛?などが描かれている医療要素が含まれている時代劇的ヒューマン韓国ドラマです。

 

*感想あれこれ&見どころ

朝鮮心医ユ・セプンの原題は、朝鮮精神科医ユ・セプンですよね?
たまにどっちがどっちだっけ…なんてちょっとこんがらがってしまいます(笑)
さてそんな朝鮮精神科医ユセプンは、個人的にずーっと視聴したいと思っていた韓ドラでして。
やっと視聴機会がWOWOWでめぐってきたので視聴開始★
どうやら朝鮮心医ユ・セプンにはシーズン2があるらしい…!という嬉しい情報も知り、シーズン1が終わった後はシーズン2もWOWOWでまたすぐに入ってくれたらいいな♪
なんてずっと思って視聴してたんです。
…そしたらなんと!!!今回放送されているWOWOWの朝鮮精神科医ユ・セプンは、どうやらシーズン1とシーズン2をくっつけたWの放送らしくて!!!!!
おかげ様でシーズン1とシーズン2、しっかりユセプン楽しめそうです♪
(ちなみに今現在もWOWOWでシーズン2放送中です※2024年2月4日現在)
いや~~WOWOW様様、本当にありがとうございます…!!!

 

 

 

実はこの状況に気づいたのが、シーズン1っぽいの(視聴していた時はまさか最終話だとは思っていなかった)最終話視聴した終わった後、シーズン2らしきものが次に放送されて「ん??」って思ったのがきっかけでした(笑)
で、調べてみたらシーズン1とシーズン2つなげて放送するよ!と。。
あー!!なるほどね!というわけです。ストーリーの長さ(全22話構成)なのと、なんかいきなりリセットぽさ?が出てきてあれ?おかしいなと思っていたら、まさかこういうことだったとは…!(笑)
何はともわれ、そういうわけでまだまだ個人的にもユセプン、現段階で楽しんでいます★
この状況でシーズン1は一応完走したことになるので、まとめて綴ろうか悩みましたが、綴ることにしました◎

 

※朝鮮精神科医ユ・セプンシーズン2はこちらに綴っていますのでよろしければこちらもどうぞ♪(※2024年2月29日追記)

www.kandoranomaru.com

 

 

 

 

 

前置きが長くなってしまいましたが…。
ユセヨプは、吏曹判書の父がいて、とにかく超天才!!そんなわけで内医院の道を進んでいたわけですが、しっかりここでも首席鍼医!
もう経歴華やか~~♪な人物なわけですよ。
しかしそんなセヨプは、王の施術の際に、王を他界させてしまうという状況に…。
で、結果的に宮廷追い出されてしまい、挙句の果てに父親も殺されてしまうというまさかの人生に。

 

 

 

そんな矢先、県令の娘のソウヌに命を救われたものの、今度はこのウヌが命の危機的状況に遭遇!助けてあげようにも、あの王様の一件がトラウマとなり、
鍼を打つことができなくなったセヨプは、村医師のケジハンに助けを求めるわけです。
…が、その際の治療費払えない~~~なら、このケス医院で働いて返せ~~~となり、働くことになります。

 

 

 

そこでひょんなことから、セヨプはユセプンという名前でのケス医院での医師としての生活がスタート★
セプンのおかげでなんだかんだケス医院もシステムを変えたりといい感じになり、セプンのイケメンさと腕もあり人気度アップ♪
ケス医院にいるナムヘ、イップン、チャングン、認知症であるハルマンとも打ち解けていきます。

 

 

 

ケス医院の医師ことジハンは、なんだかんだ人情さのある男で、本当にストーリーが進めば進むほどいい人だということがすっごくよくわかります!!
最初は、ただ単にセプンのことこき使ってるだけなんじゃないの?なんて思いがちですが、なんもその!
金と酒と!!なんて感じのがめつさ&だらしささがやや感じられがちではあるのですが、しっかりと両班などのお金持ちの人間からはきっちりお金を多くとり、
ほかのお金がない民たちからはお金をとらなかったり、食べ物に困っている人には食べ物をさりげなく分けてあげたりと、本当に優しいんです◎
ほら、よくある口と態度は悪い感じだけど優しい、みたいなね(笑)
チャングンの件でもしっかり泣けたし、イップンも本当の娘ではないけど娘!という件からも、本当に何ていい人なんだろうと。
自分の中で、ジハンの株めちゃめちゃ上がってます(笑)
おまけに中途半端な医師の腕ではなく、内医院にも在籍していたのでしっかり医師としての腕もいいし。あのユセプンも公認(笑)
って株爆上がりですね(笑)
セプンと一緒に宮廷に行って診察していた時に周りの宮廷ならではの掛け声?とか判断に対し「相変わらずだなここは、」みたいなことを話していたのは、
ツボにはまりました(わかる方いますか?w)

 

 

 

ストーリーが展開されていくにつれて、セプンのおせっかいさにたじたじになりながらもジハンもセプンの治療方法に協力したり。
セプンが救ったソウヌは、セプンの後を追う様に未亡人となった後の人生を医師として歩み始めます。

 

 

 

ウヌだけではなく、ほかの女性の患者や子供たちも、すごく辛い思いをしている状況が多く、胸が痛みました。
んーー…やっぱり「時代」なのもあるのでしょうね。でも本当にこんなつらい思いをして嫁がなくてもいいんだよ!!ってね。

でもそれが難しい時代なんですよね!
というか、こんなに幸せにならない嫁ぎって本当に何なんでしょうね。
最後にそんな糞みたいな旦那こっちから捨ててやるわ!!!なんていう感じでスカッとさせてくれたすごく辛い状況から立ち直った患者の女性もいましたが、
みんながみんな、ここまでスカッとするような強気の女性の人というわけではないでしょうし。。
(というか、こういう女性のほうが稀なような気がしてならない。)
色々と考えさせられることも多い患者たちだったと思います。

 

 

 

もちろん綱渡りの患者を含め、男性の患者の展開もあるのですが、個人的にこの諸々に引っ張られちゃったかな。

 

 

 

そうそうマンボクが捕らえられてしまった時も、本当にセプンはマンボクのことを何だかんだ大事に思っているんだなーって思わせてくれる展開でしたね。
マンボクもマンボクで、セプンのこと本当に信頼しているし尊敬しているし(これは特にウヌが鍼の練習に付き合ってもらっていた時に、セプンのいい意味での自慢話(笑)の時もしっかり伝わってきた…!)
この2人の関係は本当に良き★
本当に、父親も殺されてしまい母親も他界してしまったセプンからすると、マンボクは大切な家族の一員でもあるんですよねきっと◎

 

 

 

こんな風に、村のケス医院で患者1人1人を向き合いながら、病の元凶ともなっている状況を調べて病を治していく中、様々なトラブルなども調査していくので、ただ単に病を治す~だけではないんです。
死体を検査したりして、ウヌもウヌでつ、強い…!!!
ウヌは県令である父親といたときにも船から降りたときに、人を鍼で救う姿を父親に見せる状況に直面しましたよね~。
この時父親は、ウヌに対し人目がある、なんてつれない態度とっていたけれど、本当は内心、娘のことを誇りに思っていたんじゃないのかな。

 

 

 

あ、そうそう!ウヌの幼馴染的存在のチョシヌの命の狙いあれこれや、王とセプンの調査など、患者を救うというだけではなく、宮廷ならではの出来事もしっかりと楽しめました◎

 

 

 

そして忘れてはいけないのが、じわじわ来るセプンとウヌの恋愛…!
これ結構恋愛ないだろう!という感じの展開でどんどんストーリー展開されていくんだけれども、ちょいとウヌのほうがセプンに…??
なんて思っていた矢先、セプンもウヌのこと自分では気づいてないけど気になりだしていたり、なんだかんだウヌとセプン何なら2人とも!?なんて感じになったり。
本当にじわじわ~~と、めちゃくちゃじわじわ~~~とくるんですよ!!!
この展開、どうなるの!?なんていうほど良い状況の時に、父親の転勤が…なんて感じのと宮廷に戻るの!なんて感じでS1が終わって、続きはS2でね♪なんて結末で(笑)
これはS2すぐ観れなかった人からすると、気になりまくりな結末でしょう~♡
S2では、さてさてこの2人の恋愛もどうなるのか、楽しみたいと思います♥

 

 

 

そんな朝鮮心医ユ・セプンのOSTも、素敵なOSTで構成されていました♪
EXIDのソルジのByYourSide、HelloGayoungのIGuessILikeYouALot、StandingEggのShe,MyShiningDarling、SohyangのLuminous、XydoのStarlight、
また歌詞のない楽曲ことBGM的楽曲もそれぞれのシーンを盛り上げていました♪

 

 

 

朝鮮精神科医ユ・セプンは何といってもキムミンジェ主演~~!
やっぱりとてもかっこいいですね♪韓服姿もすごい似合ってます♡♡
そして個人的にはキムサンギョン、ファイティンガール!の時の印象がとても強いのですが、ファイティンガール!同様に、とてもいい役で、役柄にとても恵まれているなという印象です♪

特別出演ことカメオ出演では、アンネサンとチャンヒョンソンが出演していました。
他にも出演されているようですが、でもどこまでがカメオの線引きなのかが最近よくわからなくて…。

朝鮮心医ユ・セプン、S1待っていたかいがあり、やっぱりとてもよかったです♡
現在WOWOWではS1とS2をまとめて放送しているので、S2もこのまま楽しみたいと思います★
本当個人的にはとてもおすすめな韓ドラです♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダリとカムジャタン~真逆なフタリ~

◎ダリとカムジャタン~真逆なフタリ~◎

・2022年
・全16話
OSTあり、DVD、ブルーレイは後日発売予定…?

 

*キャスト

チンムハク(キムミンジェ)
キムダリ(パクギュヨン)
チャンテジン(クォンユル)
チュウォンタク(ファンヒ)
アンチャクヒ(ヨンウ*MOMOLAND)
キムナクチョン(チャングァン)
ソンサボン(ウヒジン)
ナゴンジュ(ソンジウォン)
ハンビョンセ(アンセハ)
ファンギドン(ユヒョンファン)
チンヘグォン(アンギルガン)
ソグムジャ(ソジョンヨン)
チンギチョル(イジェヨン)
キムシヒョン(イジェウ)
ヨミリ(ファンボラ)
チャ弁護士(ユスンボン)
ホンジャヨン(ファンソクチョン)
アンサンテ(パクサンミョン)
ダリの子供時代(イヒョビ)

 

*あらすじ&ネタバレ

ひょんなトラブルから出会ったチンムハクとキムダリ。
その後はチョンソン美術館を営むダリの父親・キムナクチョンの思いがけない急死により、ダリは後継者になることに。
だがチョンソン美術館はフタを開けてみると多額の借金まみれ…!
困り果てたダリの元に、再びムハクが金を回収する目的で現れる。
全く真逆な2人が再会し、果たしていったいどうなるのか!?ラブコメディ要素が含まれているロマンス的韓国ドラマです。

 

*感想あれこれ&見どころ

ダリとカムジャタン~真逆なフタリ~は、ずっと視聴したいと思っていた韓ドラで、やっと視聴機会が巡ってきました♡
とにかくチンムハクとキムダリペアが本当に可愛かったです…!♥
そして何だか毎回のドラマ事のサブタイトル(?)的なのもなんかおしゃれ~というか、なんか哲学的…!?
さすが美術館、キュレーターなだけありますね…!
余談ですが、こんな感じで美術館が舞台な韓ドラといえば、ストーリーの内容は全然違うけれど、個人的にはドはまりした彼女の私生活がすごい印象に残ってて、
その次に(多分)視聴した美術館舞台な韓ドラだったなー…と。
…というか、全くどんな韓ドラか事前に情報仕入れず視聴開始したので、タイトルから美術館が舞台でこういう内容の韓ドラだとは全く予想つきませんでした…!(笑)
貴族っぽい(ある意味間違ってない…?)あるいは何か魔法使い的なファンタジーな感じなのかな、なんてちょっと予想していたけれど全然違いましたね(笑)

 

 

 

チンムハクは、ドンドンF&B事業部常務として日々奮闘!(ちなみに父親のチンヘグォンは会長で、ムハクの血のつながらない兄のチンギチョルは本部長)
恵まれた環境で生まれ育ってるのねーなんて思いがちですが、ムハクは経営能力もあり、小さいころからめちゃくちゃ頑張ってここまで上り詰めた、という男なんです。
くーかっこいいね!
一方芸術大好きなお嬢様のキムダリは、恵まれつつも実は訳あり…そう、養子なんです。
そんな2人がひょんなトラブルから海外で出会ってキュン♡な展開があったのち…まさかの債権者・債務者関係に…!
真逆な2人がチョンソン美術館の多額の借金を返済するために、衝突したりするわけです。

 

 

 

ただそれだけではなく、ダリの父親でチョンソン美術館館長だったキムナクチョンの急死にはおかしな点がある…なんて感じで、そこからもぐいぐいストーリーが展開しています。
そこから色々ずるずると問題が浮上していくのでそこも見どころ。

 

 

 

ストーリー的にはサクサク視聴できるテンポの良さもあって、あっという間でした。
オープニングのあのタイトルをひげみたいな感じで2人で触るところも本当に可愛い…!(つ、伝わりますかね(笑))

 

 

 

ストーリーが展開されていくにつれて、セギグループのチャンテジン…つまりダリの元婚約者の何とも言えない裏での悪さも明るみになってきたりして、
んもう!!なんてなったりしますが、この状況で本当にダリにとってムハクの存在って大きかったよねーーー!
とにかくムハクがかっこよすぎる…!
経営手腕もしっかり出して、兄のギチョルの提案めちゃくちゃ反対したりしてそれが的中したりして。

 

 

 

あ、ムハクとダリといえば、三角関係も忘れてはいけません◎
ダリの昔からの友達でもあり刑事のチュウォンタク。
なんとなく三番手だからな、っていうのはわかってて視聴していたけれど、そこまで切ない感じでの失恋!的な雰囲気もなく、3人でわっちゃわちゃしてる感じだったので、
しみったれた感じがなかったのは良かったです♪

 

 

 

しみったれたといえば、ムハクの見合い相手でアンサンテの娘のアンチャクヒは、ムハクに振られた時可哀想だったけど…。
でも何だかんだその後もいい関係を築けているようでよかったよ!
というか、ウォンタクといい関係になるのかな~◎

 

 

 

そうそう、忘れてはいけないのがムハクの秘書のヨミリ!
ムハクの腕となりしっかり働いている感満載なんだけれども、それに伴いしっかりとコメディ要素も含まれているのがすごくよかったです★
しっかりムハクに信頼されているのがすごくわかるし、2人のこの関係も本当にとても良いですよね~!
ミリもミリで、ムハクを上司として尊敬しているし大切にしているのが伝わったし…!(ダリにムハクのこと話していた時も最高でした♪)

 

 

 

ラストこと最終話では、ナクチョンの他界を含め、びしっと解決!!!
んでもってその後は、なんかムハクとダリすれ違ってるーーー別れた??からのムハクのプロポーズ♡という嬉しいラストで、本当にか最高に可愛かったですし、良かったです!♪

 

 

 

そんなダリとカムジャタンOSTは、軽いテンポさのある可愛らしいおしゃれな楽曲が多くてよかったです!
ハムヨンジの私の隣には君だけいてくれればいい、DINDINの直進、ソホのThat's Ordinary Love、ハヒョンサンのおかしいでしょ、Frommの愛することはできないのか、
KLANGのU Hoo Hoo、キムイェジの月のクレーター、CHAI(イスジョン)のGIFT、HodgeのCANNON、Ian Hug, ソホのOne Day It Will Be、
また歌詞のない楽曲ことBGM的楽曲では、シーンに合ったテンポの良い楽曲も入っていてとてもよかったです♪

 

 

 

ダリとカムジャタンは、キムミンジェとパクギュヨンの共演がとても可愛かったです♡
いや、可愛いだけじゃなくてキムミンジェ、カッコよさもありましたね♪

ちなみに特別出演ことカメオ出演では、ホンソクチョンが出演していたようです◎
他にもいたのかな~~??

ダリとカムジャタン~真逆なフタリ~は、個人的にはやっぱり期待を裏切らなかった可愛さ♡が素敵でサクサク楽しむことができました♪
本当に待っていてやっとWOWOWで視聴機会が巡ってきて嬉しかった韓ドラでした!

 

 

 

 

 

 

 

七日の王妃

◎七日の王妃◎

・2017年
・全20話
OST、DVD(コンプリートシンプルDVDーBOXあり)ブルーレイ

 

*キャスト

シンチェギョン(パクミニョン)
イヨク・晋城大君(ヨンウジン)
イユン・燕山君(イドンゴン)
ソノ(ファンチャンソン*2PM)
ユンミョンヘ(コボギョル)
チョグァンオ(カンギヨン)
ペクソッキ(キムミンホ)
チェギョンの乳母(ヨムヘラン)
シンスグン(チャンヒョンソン)
イムサホン(カンシニル)
ソンウンソ(チャンノクス)
シン氏(ソンジイン)
クォン氏(キムジョンヨン)
チャンスン大妃(とジウォン)
オアクウォンジョン(パクウォンサン)
ユスンジョン(ユヒョングァン)
ユジャグァ(ユスンボン)
ソンヒアン(イファリョン)
ギリョン(ユミンギュ)
キム内官(チェスンギョン)
マッケ(キムギチョン)
チョ尚宮(ユンインジョ)
シン氏(キムヨンソン)
成宗(キムジョンハク)
ユン氏(ウヒジン)
チェギョンの子供時代(パクシウン)
ヨクの子供時代(ペクスンファン、チェジョンフ)
燕山君の子供時代(アンドギュ、イスンウ)
ソノの子供時代(チェミニョン)
ミョンへの子供時代(パクソヨン)
グァンオの子供時代(チョンユアン
ソッキの子供時代(チョビョンギュ)

 

*あらすじ&ネタバレ

シンチェギョンは、イヨクと最悪な出会いをしたのち、婚姻相手として再び再会。
そんな2人は次第に距離を縮めていく…。だがそんなチェギョンに対し、イユンは興味を示し、やがてそれは恋に代わっていく…。
果たして3人の三角関係はどうなってしまうのか!?
切なすぎるラブストーリー!恋愛要素が含まれているロマンス時代劇的韓国ドラマです。

 

*感想あれこれ&見どころ

七日の王妃は、かなり前に完走していた韓ドラだったのですが、すっかり綴るのを忘れてしまっていたようで…。
ざっくりと綴っておこうと思います…!

 

 

 

七日の王妃は、実話もモチーフとされているとして有名ですよね☆
シンチェギョンとイヨクが最悪な出会いを果たしたのちまさかの婚姻相手として再び再開!
こんな状況でありながらも次第に2人は距離を縮めていくわけですが、2人の恋愛ならぬ結婚は一筋なわではいかない…。
そう、イユンの存在によってなんと三角関係に。
イユン、朝鮮第10代国王なわけですが、そんなユンはチェギョンに次第に興味を持ち、やがて恋に発展…!
そこからユンの何とも言えない、チェギョンへの愛ならぬ執着、そして嫉妬が繰り広げられるという。

 

 

 

 

 

個人的には、とにかくチェギョンとヨクの2人の純粋な恋愛云々~~よりも断然ユンのこの嫉妬というか執着というか、チェギョンという女性に対しての想いにただただ集中!という感じでした。

 

 

 

ストーリーが展開されいくにつれ、とにかくただただ苦しい、本当にユンの執着さが苦しすぎて苦しすぎて、観てるのが辛くなってしまうほど。
本当に愛に狂っていく、狂気とはこのことか…!と思えてしまうほど。
独占欲もすごくて、もう最後は何?愛なの?罰なの?なんてわからなくなってしまうほどの狂気…。

 

 

 

自ら別れを切り出したチェギョンの「生きていることが愛していること」なんて言うシーンも、本当にチェギョンの強さと愛を感じました。

 

 

 

その一方でチェギョンって本当にすごい女性だなと思わされたりもして。
とにかく本当に辛い状況の中でも純粋さを忘れず、ある意味とても強い、そして本当に思いやる気持ちが強くて…ってそりゃ、惚れられるわなーーー!!って感じなんですけど、本当に素敵な女性なのに、こんなに恋愛で辛い思いをするなんてなんか可哀そうだったなぁと思ったり。

 

 

 

ちなみに、恋愛だけではなくしっかりと時代劇ならではの政治が云々~~とかもちゃんとありますよ◎

 

 

 

こんな感じで、本当にいろいろあるわけですけど、やっぱりラストこと最終話では、さらに切なさが大爆発!!!
…というかやっぱ最終話泣けます、本当に泣けました…。

 

 

 

ユンの最後、先代王が見えての他界(もちろんこれユンの幻想)も、最後に傍にいたのはヨク。
チェギョンに固執していたわけだけど、さらっと目に映るのが…なんて最後に口にしていたけれどこのセリフを聞くと、結局じゃあ恋ではなかったの?なんて思っちゃったり、なんかいろいろ考えちゃった可哀想な最後だったな…。

 

 

 

でも最後、切ないのはこれだけではなくて、やっぱりチェギョンとヨクの最後に本当に泣かされた…!!!
あの38年後(…38年後でよかったよね?確か?)のヨクの最後のシーン。
しっかりと年を取った(そりゃそうだ…)ヨクの元へこれまた年を取ったチェギョンが現れ、昔の姿で描かれているシーン。
本当にあのシーンにはめちゃくちゃ泣かされました…!

 

 

 

チェギョンとヨクの切なさはもちろんですが、ユンの苦しさもひっくるめて、改めて本当に当時(?)のこんなに複雑になる前に幸せになってほしかったなと改めて思っちゃったり、ね。

 

 

 

そんな七日の王妃、OSTも切ない雰囲気ばっちりな楽曲で構成されていました。
ユヨンジョン(宇宙少女)のまぶしいあなた、Yael Meyerの No Matter How Hard I Try、Dear Cloudのもう一度愛してる、チョンギゴのどんなに描いても、Frommの月明かりが降りるとき、
また歌詞のない楽曲ことBGM的楽曲もそれぞれのシーンを盛り上げてくれていました♪

七日の王妃は、パクミニョン、ヨンウジン、イドンゴンの共演も魅力的でした◎
また何といっても実話をモチーフにされた、という部分も注目されていました。

特別出演ことカメオ出演はいない…でいいのかな??

七日の王妃、やっぱり改めて思うと本当に切ない…切なすぎたラブロマンス時代劇的韓ドラでしたが、視聴してよかったです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミッシング2~彼らがいた~

◎ミッシング2~彼らがいた~◎

・2023年
・全14話
OST、DVD、ブルーレイは後日発売予定…?

 

*キャスト

キムウク(コス)
チャンバンソク(ホジュノ)
イジョンア(アンソヒ*WonderGirls)
シンジュノ(ハジュン)
カンウンシル(イジョンウン)
オイルヨン(キムドンフィ)
チョンヨンジン(チョンウンピョ)
ヤンウニ(クォンアルム)
チェハユン(キムソホン)
イヨンリム(イチョンム)
イロハ(キムハオン)
アリス(キムテヨン)
アンヘジュ(ユンジウォン)
チョンドンジ(ペクスンド)
ペクイルドゥ(チデハン)
オゴヌ(イハンイク)
イマンシク(キムジェチョル)
キムピルジュン(チョンユンジェ)
コサンチョル(ナムヒョヌ)
ムンセヨン(イムソヌ)
ムンボラ(チェミョンビン)
キムミョンジャ(イドッキ)
スジン(チェリシュ)
イジンソン(ソングァンオプ)
チェジョンア(オスミン)
チョジョンシク(ソンドクホ)
ミンスンジェ(パクサンフン)
ミンイェウォン(イガヨン)
イテヒョン(クォンヒョク)
イスオク(キムセドン)
ティーブ・ノユング(キムテウ)
キムゴンジュ(オユノン)
チョンジフン(コユン)
トーマスチャ(ソンゴニ)

 

*あらすじ&ネタバレ

キムウクは人情派詐欺師として、ハッカーのイジョンアやドゥオン村で出会ったチャンバンソクと日々を過ごしていた。
そんな日々を過ごす中、ひょんなことからまたなんと新たな成仏できない死者たちが暮らす村を発見する。
再びウク達は、死者たちの成仏のために、事件解決へと取り組むことになるのだった。
果たしてウク達は、死者たちを無事成仏させることができるのか!?ファンタジー要素が含まれているミステリー的韓国ドラマです。

 

*感想あれこれ&見どころ

ついに☆ミッシング2~彼らがいた~、完走しました♪視聴できるのを本当に待っていたからすごく嬉しかったです◎
シーズン2では、キムウクのヘアスタイルがロン毛スタイルに…!ということで、ここもどうやら注目?されていたようで、
ドラマ内でもあちこちで「長髪になったな…!」みたいなやりとりが結構見られましたね~。

 


*ちなみにミッシング~彼らがいた~は、こちらに綴っておりますのでよろしければどうぞ★

www.kandoranomaru.com

 

 

 

 

 

そんなミッシング2~彼らがいた~は、やっぱりシーズン1同様人情は詐欺師のウクが、成仏できない死者たちを成仏させてあげるために、事件を解決させて死体を発見!という展開。
今回新たな霊魂の村を発見…!ということで、シーズン1とはまた違う楽しみ方をさせてもらうことができました♪

 

 

 

ウクだけではなく、ハッカーのイジョンアとドゥオン村で出会ったチャンバンソクも、しっかり事件解決に奮闘☆
…なのですが、今回特に失踪課刑事所属のシンジュノの協力の影響もすごく大きかったと思います。
シーズン1では、恋人の件でめちゃくちゃ号泣された自分にとって、ジュノがシーズン2ではウクやバンソクの能力を知って、協力しあって事件を解決する姿は本当に観ていて気持ちよかったです。

 

 

 

成仏できない人達が暮らす場所、第3工業団地では、やっぱり死んで来た人間達のようには相変わらず全く思えず、本当に普通に暮らしているみたいでした。
その中で、今回はなぜか村の外に出ることができるといういる、オイルヨン。
このイルヨンも、ウクの力にめちゃくちゃなっていましたよね…!

 

 

 

そんな感じでストーリーが展開されていくのですが、やっぱりぱっと見は人間でも成仏できていない霊魂たち。
…ということで、それぞれの生い立ちやどうしてここにきてしまったのか、といった理由が次第に明らかになっていくのですが、んもーーやっぱりここ…泣けますよね。
個人的には、やっぱりシーズン1同様、遺体が発見されて成仏していくシーンは、毎回泣いちゃってて。。
運動会での成仏は特に号泣だったかな。
あと子供たちのことを大切にしていたチョンヨンジンこと校長がここにきた経緯も、悲しいものでしたね…。

 

 

 

で、今回もやっぱり重たい事件が関係していて、麻薬組織関連のごたごたも、しっかり楽しめましたが、やっぱりカンウンシルことカン船長!!!!
後半で遺体がしっかり発見されたものの(思っていた友情関係ではなくてこれまた辛い展開だったのだけれども、)成仏できない…。
個人的に最後にカン船長が成仏できて終わり…みたいな感じなのかなと思っていたのだけどなー。。。
このカン船長の遺体が発見された時のカン船長の遺体、ちょっと(てかかなり)個人的には怖かったです。

 

 

 

ラストこと最終話では、本当にどうなるという感じだったのですが、無事カン船長が成仏…!!ってラストではないし、な、なんとイムシワンが最後の最後で出てくるし…!!!
こ、この続きがめちゃくちゃ気になる展開で結末…終わってしまったというまさかの展開。
え?これ確実にミッシング3~彼らがいた~なんて感じでミッシングのシーズン3あるの、決定でいいってことですよね…!?
本当に自分は個人的にそうとしか思えないんですけど。。
で、もしそうなら、お願いします…!!は、早くシーズン3やってください(笑)本当にめちゃくちゃ視聴したいです!!!!

 

 

 

そんなミッシング2~彼らがいた~のOSTも素敵なOSTで構成されていました。
YUDABINBANDのEverything、BaekAのStay With Me、チェユリのThemomentIsawyou、キムチャンホのReachless、DarinのMemory、
また歌詞のない楽曲ことBGM的楽曲もそれぞれのシーンを盛り上げていました♪

ミッシング2~彼らがいた~は、ミッシング1~彼らがいた~シーズン1同様コス主演でした。
ロン毛スタイルになり、かなりイメチェンをした感じとなりましたが、長髪も似合っていてやっぱりさすがだなぁと…♡
シーズン2も、キャスト陣の豪華さもたっぷりあり、楽しめることができました☆

特別出演ことカメオ出演では、最後の最後で、な…なんと!イムシワン!!!
シーズン3への匂わせ的な演出だったので、ミッシング3~彼らがいた~がある!!と期待していいんですよね…!?てか勝手に期待してます!
カン船長の件からもきっとありますよね♪あるなら早くやってほしいですーー★

ミッシング2~彼らがいた~は、本当に楽しみにしていたドラマでした!
完走した結果、本当に視聴してよかったと思ってます♪続きがとにかく気になるので、早くシーズン3もやってくれないかなと先が待ち遠しい韓ドラになりました♪